225先物 エリオット波動分析No.273(02/05-21:28)

 1月14日高値は28,970円、現時点の高値は28,890円・・・この期に及んで目先の下落に意地を張るトコロではありませんね。ただしこの価格、28,890円は現行カウントを継続する上での上限とした価格、相場は見かけから受ける印象とは裏腹・・・かもしれません?(笑)。

Outlook・・・現行カウントは限界が近い。
注目日・・・2月9日16日19日22日

 さて、もはや28,890円を超えるならば現行カウント(ⅳ波トライアングル)は一旦、横に置き、ⅴ波進行中にカウントを移行する事を知り置いた上で、28,890円現時点、目先の展開では27,800円~28,790円が最初の強くかつ重要なサポート、力強いブレイクダウンがⅳ波c波、そのb波完了を暗示する最初のサイン。それが28,740円を割る事が2ndジグザグの点灯とはなるものの、そこではまだ色濃い暗示とは言えないと考えます。

 もはや限界値を試されている事から、仮に現行カウントが正しいのであれば、28,890円以来は衝撃波にて28,520円~28,510円を試す下落が望ましい姿と考えます。

 さてその反面で目先の調整を限り、それが28,890円を超えるならば、それはⅴ波進行中を暗示する色濃いサインと考えます。ただし・・・この際はカウントが極めて難しいと言えるでしょうか。

 一つは既述の「1月29日27,570円以来のダイアゴナルトライアングル」ですが、これ自体でカウントは複数ですから、現時点ではいくら考えても答えは出てきません。従い、知り置くという事になりますが、最も簡単に数えればalt.1。現在は28,280円以来の最終e波であり、それはa波c波により構築されます。現在はそのa波という考え。この他にもalt.2、そしてalt.3とありますが、それは並走しながら今後、見極めとします。

 さて仮に現在がⅴ波であるならば、それは昨年4月2日17,520円以来のインターミディエイト(3)波の完了を暗示します。29,500円をミニマムターゲットとしながら、その上昇は30,000円を試す可能性も十分にあるものの、先々、その上昇が完了するとインターミディエイト(4)波による比較的規模の大きな調整ステージの訪れに注意を払う事になります。

 さて、夕場のこの時間、非常にHOTな局面ですね。ワタクシ個人的には・・・28,890円ロスにて売りに一票ですか(笑)。

 さて、少しは暖かくなってきましたか。コロナ問題はまだまだ油断できませんが、もう少しの辛抱と考えて元気を出しますか!皆さん!良い週末を!

(長浜-株式寅さん)

225先物 エリオット波動分析No.273(02/05-21:28)」への3件のフィードバック

  1. エリ子 返信

    お疲れ様です。
    ありがとうございます。
    今870円ですが、(笑)、さて。
    ロスはもう少し上で頑張るか、例によってエクステンションされるか?
    21:45、860まで来ましたね(笑)
    では。

    • 長浜英信 投稿者返信

      こんばんは。
      価格だけは付けていますが、実質、誰もやってない感じの時間がが長いですねー。
      880円は売ってますが、いっそ、900円買い!とかになればどーなるかなーという興味の方があります(笑)。

  2. エリ子 返信

    イケズやね〜(笑)。
    33,000目指すんだもんね(笑)
    お疲れ様です。ありがとうございました。

エリ子 へ返信する コメントをキャンセル