225先物 エリオット波動分析No.81(10/02-10:45)

 世の中には後世で語られる「ナンチャラショック」というものがありまして、じゃ、昨日の東証のシステム障害→終日の売買停止は・・・「石原さとみショック」という事?(笑)。

Outlook・・・b波ⓑ波進行中と考える。
注目日・・・
10月2日12日13日

 9月30日23,120円以来の波について、全てが3波動構成の連続のように見受けられ、これはもはや「正確なリーディング」を不可能にしています。が・・・ココで重要なポイントは、「9月29日23,610円以来において、衝撃波の特徴を満たさない事」が挙げられます。

 上記ポイントを解り易く言えば、23,120円を割り込む事無く23,420円とのオーバーラップ(波の重なり)を示現する事が、より重要なポイントと考えます。

 上記の事柄を念頭に置けば・・・もはや目先の展開では23,190円~23,170円は、「守ってくれないと困ります!」のサポートバンドかと。首尾よく守りかつ、急反発が理想の姿と考えます。

 反面でこのまま23,170円を割り込むとそれは、23,030円~22,980円トライを暗示。

 ワタクシ個人的には・・・23,170円ロスにて23,190円、買えたらかうよですか(笑)。

(長浜-株式寅さん)

225先物 エリオット波動分析No.81(10/02-10:45)」への3件のフィードバック

  1. ボスレレ 返信

    180円買い指値がヒット。師匠の指導通りロス160円は、どうやらセーフの模様。昨日から180円買い指値をじっと待ち続けました。120円➡380円の76.4%押し=180円。しかし、師匠の死亡遊戯の190円も魅力でした。Wジグザクの1stジグザク=170円。=2ndジグザク➡190円。水曜日の120円までの下落は、610円からのWジグザクの1stジグザク幅210円の2倍で計算すると530円-420円=10円とほぼ近似値だからです。一旦190円から240円まで上昇しましたが、300円~190円を3波と計算した場合、4波の50%戻り240円ぴったりなので、再度の下落を確信しました。但し、420円までは、まだまだの道のりなので油断は禁物

コメントを残す