225先物 エリオット波動分析No.340(04/01-20:51)

 昨日は29,150円を付けてからの29,340円で、一瞬にして「ん?」、今日は朝から29,460円ブレイクアップで「ん?」、それでも29,590円から下げて29,310円、夕場現時点で61.8%戻しの29,490円を超えてきて「ん?」、チャート読み、いつからこんなに小難しくなりました?(笑)。

Outlook・・・(4)波b波と考える。
注目日・・・4月5日6日7日9日

 振り返れば・・・2月16日30,720円以来は本当に小難しい波の連続ではありますが、それでも3月18日30,320円以来の下落は途中に変形のエクスパンディッドフラットは入りましたが、いわゆる「分かり易い」部類の下げ波動。あのまま大人しく27,600円まで下げていれば、どんなに楽だったか・・・と、ゆーても始まりませんか(笑)。

 さて改めて、3月24日28,120円以来は(4)波b波と考えます。そのポテンシャル(潜在能力)は30,160円~30,170円水準と出来ますが、問題はその行き方。現時点では28,120円以来、フラットを想定(シナリオ.1)していますが、場合によってはトリプルスリーにてこのまま行く株価軌跡、それがシナリオ.2。そして現在は、その分水嶺。

 現行カウントに従えば、29,590円にてb波.b波、そのb波は完了しており、以降は.b波c波がスタートしたと考えます。ⅰ波ⅴ波により構築される下落は現在、そのⅱ波完了を占う局面と出来ます。

 29,510円高値現在、目先の展開で29,410円を割り込むとそれはⅲ波スタートを暗示する最初のサイン、29,390円~29,380円を力強く割り込むと2ndシグナル、29,350円割れが色濃い暗示と考えます。なお目先、29,520円~29,540円がクリティカルレジスタンス。

 その反面でこのまま29,540円をも超えるならば、それはalt.1を考慮。.b波b波は完了しておらず、それは29,130円以来のc波が5波動を描き終えていないと、まずは理解します。それでもこのケースでは、仮想a波×1.382=仮想b波にて導かれる29,630円を限界値と考えます(シナリオ.2)。

 その一方で29,630円をも超えるならば、それは前提とする「3月26日29,460円以来の.b波エクスパンディッドフラット」に疑問が投げかけられると考えます。だとすると・・・3月24日28,120円以来は、(4)波b波がトリプルスリー(フラット+ジグザグ+フラット)を描き、29,800円台、あるいは30,100円台に確認されるレジスタンスを試す可能性を念頭(シナリオ.3-alt.2)。

 ワタクシ個人的には・・・ココは瞬殺覚悟で29,540円ロスにて29,530円、売れたら売るよに一票ですか(笑)。

(長浜-株式寅さん)
 

225先物 エリオット波動分析No.340(04/01-20:51)」への2件のフィードバック

  1. エリ子 返信

    やられてドテンの元気無し(笑)⇒シナリオ3すかね〜。
    見てるだけ(笑)少しお休みしようっと。ツヨ。
    03:00

    • 長浜英信 投稿者返信

      おはようございます。
      3月24日28,120円以来について、この「上げ方」をされましてもねー。
      正直、ついて行くのは難しいですねー。

      まぁまぁ、こういう時は無理をされずに、しゃーないから取れそうなトコロをチャチャっとですか。
      それでもこの上げ、4月2週目辺りからはかなり危なっかしい事になりそうな上げではありますが・・・(笑)。

コメントを残す