225先物 エリオット波動分析No.211(12/24-13:24)

 そもそもね、「ⓒ波だのⓓ波だの、何言ってるか、さっぱり分かんねーよ!」が正直な意見だと思います。書いてる本人が「こんな細かい小勢波、読んでどーすんの?」くらいには自覚しているんです。

 それよりは「ほら、26,680円~26,700円、ね、戻したでしょ!」とする方が、ナンボか通りが良いか。でも・・・その「行き方」にお金を張っている人もいて、そうでない人もいて、皆の視点で納得を得る事は無理ですよね。まぁ、結局、ワタクシの「お里」が知れるという話なんですが、性分なんでしょうね・・・最近は個別銘柄の話も始めてみました(笑)。

Outlook・・・ⓒ波ⓓ波は最終局面、あるいは完了の可能性がある局面。
注目日・・・12月29日1月5日12日

 12月21日26,160円以来の仮想ⓓ波について、「ジグザグ+フラット」といった2つの3波動、いわゆるダブルスリーが進行中と考えます。仮にこの考えが正しいならば、それはもう一度の上昇を許容すると考えますがもはや小勢波のカウント、こだわる事はご法度。

 目先の展開では26,550円がクリティカルサポート、ココを割る事なく26,670円をも超える事で、それは.c波中.5波による上昇を暗示。なおこのケースでは、1stフォーメーション(26,160円~26,590円)=2ndフォーメーション(26,300円~)にて26,730円が導かれます。

 その反面でこのまま26,550円を割り込むと、まずは26,490円~26,480円を試す可能性。それはⓓ波完了を暗示する最初のサインと出来ますが、ⓓ波自体が更に複雑なパターン(トライアングル等)を描く可能性を知り置きます。そう・・・それ(26,550円割れ)でズボズボなら、相場はどんなに楽か(笑)。

 ワタクシ個人的には・・・正直、このレンジ(26,540円~26,630円)は現時点、日和見。「ココから」を前提とすれば・・・このまま26,600円を付けるならその後にロスを決めて押し目買い、26,660円まで・・・あるいは26,540円を割れるなら、26,490円までを売りでくらいですか。それとも26,670円ロスにて26,660円売れたら売るよ、チャチャっとコースで挑戦(笑)。

(長浜-株式寅さん)

225先物 エリオット波動分析No.211(12/24-13:24)」への2件のフィードバック

  1. まけ犬 返信

    いつも,ありがとうございます.
    とても参考にさせて頂いております.
    今年は残り二ヶ月で逆張りに失敗し後味の悪い一年になりました.もう少し早くこのサイトに巡り会っていれば,落とし穴に落ちずに済んだかも知れません.
    ところで,日足のチャートと5分足のチャートの相関が分からなくなるときがあります.日足のチャートは更新されるまでは特に変化が生じていないという理解でよろしいのでしょうか.

    • 長浜英信 投稿者返信

      こんにちわ!
      コメント、有難うございます!

      逆張り・順張り、これは各々の性格により好みが分かれますよね。
      一般的には「逆張り」の方が、人気が高い印象があります。
      世間では「株は安いトコロで買って、高いトコロで売る」なんて言葉が横行していますが、それは結果論というヤツで、何処と比べて高い・安いとしているのかが問題ですね。大事な事は「自分の買った価格より高いトコロで売る、自分が売った価格より安いトコロで買い戻す」で、それができると儲かりますが・・・それが難しいときます(笑)。

      さてレポートの性格として、日足チャートの更新がなければ、大枠の考え方に変更はないとご理解いただいて差し支えないかと存じます。
      週末に日足チャートの更新を心掛けていますが、直近のような揉み合い続きではあまり大きな意味がないというのがが実情ですね。

      日々の近視眼的な動きは5分足チャートで分析していますが、少し頭を上げて見る事はとても重要ですので、それについては1時間足のチャート分析をご参考頂ければ幸いです。日足チャート分析も必要が生じれば、必ず更新しますね・・・と言いますか、出来る限り、頑張ります(笑)。

コメントを残す