225先物 エリオット波動分析No.149(11/15-22:35)

 ピンチの後にチャンスあり、チャンスの後にピンチあり・・・それは常に表裏一体。金曜日の寄りき時点で強い違和感(既述)があり、現行カウントに少なくない疑問が生じていましたが、実際にCMEの価格を見ると・・・また、次の尻尾を捕まえるまで面倒臭そうですねー。そろそろ「エリオットなんて、アテにならねー」とかいう声が聞こえてきそうですねー(笑)。まっ、それもいつもの事です(笑)。

Outlook・・・2波進行中とのカウントは限界が近い。
注目日・・・11月17日20日25日

 さて事ココに至れば・・・「このまま25,900円を超えるんじゃないか」と口で言うは易しと言いますか、恐らく今、10人中8人がそう感じているのではないかと。んなモン、CMEを見れば誰でもそう思うわ!くらいの話でしょう(笑)。それはどうでもイイけれど、それじゃぁそれを改めてどう考えるか・・・が、意外にパッと考えるよりも面倒臭いよという事かもしれません(笑)。

 ★さて、この時間から細かい事を言っても始まりませんから、明日(16日)は25,620円、そして25,680円はクリティカルレジスタンス。反落の可能性を内包する反面で、超えるとザラ場チャートからは25,720円~25,730円、そして夕場込みのチャートでは25,750円、この上では25,790円~25,800円が比較的強く働き得るレジスタンス。
 
 25,210円以来がⅰ波ⅴ波を描きかつ25,900円を超えない事が現行カウント踏襲の条件と指摘出来ます。

 その反面で寄り後、25,520円を割り込むと一転、調整機運が台頭、急落の可能性を念頭に置きます(シナリオ.2)。

 さて確率を別として、このまま25,900円を超えるならばそれは10月30日22,880円からは衝撃波の上昇との印象を強めると考えます。これが暗示する事は・・・6月15日21,330円以来の.c波進行中という考えと同時に、No.136にて記したalt.2を念頭に置く事になると考えます。

 ワタクシ個人的には・・・明日の寄り付き、ホントに25,630円で寄って来るなら、ひとまず寄り付き買いで、あとはアドリブ王子すか(笑)。

(長浜-株式寅さん)

225先物 エリオット波動分析No.149(11/15-22:35)」への3件のフィードバック

  1. フラフラ 返信

    こんばんは(^^)
    日曜日のしかもこんな遅い時間、レポート配信ありがとうございます(^^)
    チャートのラベリング、1日数回のレポート、感謝感謝です‼︎
    朝晩、寒くなってきています。
    ご自愛下さい(^^)

    • 長浜英信 投稿者返信

      どもども、こんばんわ!

      ワタクシ、マンションの持ち回り役員で防火担当にされてしまい、昨日、今日は朝から晩まで丸2日、秋葉原にある神田消防署で講習を受けておりました。
      帰りの駅では正にアキバ!ってな方々がたくさんいらっしゃって・・・そりゃそうでだ、秋葉原ですから(笑)。
      そそくさと帰ってきましたが、本当に疲れました(笑)。

  2. フラフラ 返信

    遅い時間なのに、返信ありがとうございます(^^)

    講習2日間みっちり!ですネ(^^)
    お疲れ様です。

    明日から又一週間始まります(^^)

    ゆっくりお休み下さい♪
    おやすみなさい

コメントを残す