225先物 エリオット波動分析No.114(10/21-18:13)

 「なおこのカウントは目先、23,630円~23,600円のサポートバンドを守る限りにおいて、有効」としたのが13時過ぎ・・・その舌の根も乾かないうちに夕場の寄り付きで23,590円(23,600円割れ)ではもはや、手を出すと・・・そろそろ出す足もなくなっちゃうくらいかと。この厳しさ、ワタクシも与太話をする気も失せる・・・が本音ではありますが、相場は眉間にシワを寄せ始めると、深みにハマるもの。ウソでもイイから笑わないと・・・。あっ、そうだ!全ては「水星の逆行」のせいにします(笑)。

Outlook・・・e波ⓑ波は継続中と考える。
注目日・・・10月27日29日30日

 さて「難し過ぎる」この相場ですが、23,600円を割れた事でカウントをマイナーチェンジ、e波ⓑ波が進行中と考えます(シナリオ.1)。

 23,510円安値現時点、目先は23,550円~23,570円~23,590円程度のリバウンド余地を許容しながらも、再下落が23,460円、あるいは23,430円~23,410円水準を試すⓑ波ⓒ波が進行中と考えます。

 その一方で23,430円~23,410円をも割り込むとそれは元のカウントへの立ち戻り(シナリオ.3-alt.2)、10月9日23,720円以来のd波はフラットを描き継続中、それは先々、23,240円~23,230円、あるいは23,100円台に確認されるサポートを試すと考えます。

 確率を別として、それでも23,510円を安値として23,620円を力強く超えるならば、それは10月19日23,490円以来のe波ⓒ波がダイアゴナルトライアングルにて上値トライを指向中と理解します、念のため。

 ワタクシ個人的には・・・23,510円安値現時点、23,590円ロスにて23,560円、売れたら売るよに一票ですか。最近は、トレンドを期待した順張りはもはや断頭台・・・トレンド前提における逆張りもピンポイントで当てないと全てヤラレますが・・・(笑)。

(長浜-株式寅さん)

225先物 エリオット波動分析No.114(10/21-18:13)」への2件のフィードバック

  1. 山田地蔵 返信

    こんばんは!
    いつもありがとうございます

    さっきの下落で、490割らないなんて、相場さん、いやらしいし、肩こりの原因になります

    アメリカの政策協議延長のせいとか、言い出すときりがないし、星々の導きの方が遥かにロマンがあります

    • 長浜英信 投稿者返信

      こんばんわ!

      23,490円はイイんです、490円は・・・その後に23,660円もイイでしょう(笑)。
      でもですね、そこから下げて23,500円・・・で、戻して23,680円・・・そして下げて23,510円ですとかね・・・そんなの「読めません」から(笑)。
      「見方」が一瞬、変わる事でその後に詰まらない無駄弾、撃ちまくって、最近は肩が重くて・・・あっ、そうか!ヤラレ過ぎが原因だったのか!(笑)

コメントを残す