225先物 エリオット波動分析No.103(10/14-11:42)

  朝から胸突き八丁の正念場・・・は「近視眼的な話」でもありますが、それが大事であったりもします。ココは「究極のVモンキー」に一票入れたい・・・は、寅さん個人的な感想(笑)

Outlook・・・カウントをマイナーチェンジ、c波ⓒ波、その4波が進行中と考える。
注目日・・・
10月15日16日19日20日


 近視眼的な話ではもはや、「23,500円を割って欲しくない」の一点張りでしょうか(笑)。守る限りにおいて、恐らくは5波によるスラストが23,810円~23,820円を試すと、個人的にはそう考えます。反面でこのまま23,500円をブレイクすると、それは23,430円を試すと考えます。なおこのケースではalt.1への移行を考慮します。

 さてチャートは6月5日23,310円以来のラベリングチャート、大局観としては今後、この先は恐らく「3月安値15,860円以来の上昇における最終局面」と考える事になります。
 6月15日21,330円以来はⅴ波がダイアゴナルトライアングルを描いていると見受けられ、このパターンのガイドラインである「完了後、始点水準への速やかなPullback(引き戻し)」は今後、念頭に置く事が肝要かと。

 a波e波により構築されるこのパターンは現在、その最終波動であるe波を構築中と見受けられ、この意味ではもはや「いつ完了してもおかしくない」とは出来るでしょう。さてそれでも「肉は腐りかけが美味しい」とはよく言うところ、それは知り置きつつ巻き込まれなければ「やりようはある」という事(笑)。

 8月28日22,820円以来のe波自体もダイアゴナルトライアングルを描いていると見受けられ・・・(この辺から普通はややこしくなりますねー)、それはa波e波により構築されると考えます。少しカウントを変更したのはこの部分ですが、平たく言えば「9月25日22,840円以来の仮想c波進行中」と考えます。

 現在は10月2日22,940円以来のc波ⓒ波、その4波による調整と考えます。その反面で、このまま23,430円をも割り込むなら、alt.1への移行を考慮します。

 さて目先、23,620円~23,630円、そして23,660円~23,670円がそれぞれ強くかつ重要なレジスタンス。超えて5波スタートの色濃い暗示、それは23,810円~23,820円を試すと考えます。

 反面でそれでも23,500円ブレイクダウンでは、23,430円~23,410円トライに留意を。

(長浜-株式寅さん)

225先物 エリオット波動分析No.103(10/14-11:42)」への2件のフィードバック

  1. ボスレレ 返信

    720円~480円a波。~650円b波。~480円c波。~650円d波。
    ~e波540円?520円?トライアングルのスラストが夕場に突然起こる確率は?ありませんかネ?いつだって美味しい処は、夕場に起こる。AI相場は、外人が儲かる相場ですから。

    • 長浜英信 投稿者返信

      トライアングルの終点を正確に見極める作業は非常に難しいものです。
      現時点、ワタクシは10:20の23,500円にその終点を置いてはいますが、何れにしても23,650円を超える上昇示現が重要な条件ですね(笑)。

コメントを残す