225先物エリオット波動分析(2020-08-21-14:50)

 手を出すと足が出る?。もはや目先は「上でも下でもどうぞ」、当たれば儲かる、外れりゃヤラレは当然ですが・・・躍起になっちゃうと心が削られちゃいますねー、お金以上に(笑)。

 さて上記カウントに従えば現在は、b波ⓑ波進行中と考えます。もはやこのラベリングで、目先を「正確に」と考える時点で、世間知らずのお人好し・・・ですか。ワタクシは、そんな人になりたい!ではありますが(笑)。

 目先、既に22,930円ブレイクですから、重要なサポートは22,890円、そしてそれでも急反発の可能性を内包するのが22,860円までと見るのが自然かと。守ればヨシッ、割れば一時的に「お達者で(シナリオ.2)」の可能性を念頭。

225先物エリオット波動分析(2020-08-21-14:50)」への2件のフィードバック

  1. KK 返信

    おはようございます。
    焦点は、6/15でiv波、以降v波ダイアゴナルで現在そのc波中のiv波なのか。
    7/31でiv波、以降v波中iv波、あるいはやはりダイアゴナルのb波なのか、というところでしょうか。

    昨日の夕場安値700は7/31から8/14までの上昇のちょうど38.2%押しで、
    下落はここで一旦終了ここから反転かなと思っていますがいかがでしょう。

    • 長浜英信 投稿者返信

      おはようございます!。

      そうですね、「今」は細かい事は横に置けば・・・ご指摘通り、6月15日21,330円からの上昇なのか?あるいは7月31日21,680円からの上昇なのか・・・この2つに大別できますね。仮に前者であれば、上げ下げを伴いながら意外と息の長い上昇が継続、後者であれば次の高値更新から、最低限の上昇行程を走り終えるという認識ですね。
      現時点で「それがどっちなのか、俺が知りたいのはそこなんだ!」が、多くが望むいポイントなのでしょうが、ないものねだりをすると「大きなしっぺ返し」を招きますね(笑)。これは今後、恐らく黙っていても相場が教えてくれますから、それまで待ちますか(笑)。

      また昨晩の安値がご指摘通り、38.2%押しJust。一旦、リバウンドに入る可能性ですが「戻り方」が悩ましいときますか(笑)。

      良い休日をお過ごしくださいね!

コメントを残す