個別銘柄 やれんのか!おい!(02/25-14:07)

2月25日(3991)ウォンテッドリーは、高寄り後に調整。ただし週足チャートでは昨年6月高値1,620円をブレイクアップに成功したタイミング、今後の調整を限る事ができれば「相場はまだある」とも見受けられます。今後の展開で調整が継続するならば1,593円、1,549円はそれぞれ有力なサポート。反面で首尾よく上昇継続ならば1,767円、1,775円はそれぞれクリティカル、力強くブレイクアップに成功すると1,906円を試す可能性。

2月24日(6928)エノモトは調整、2,004円を高値に1,881円安値を付けています。この水準は昨日、「このまま大きなストレスなく上昇が継続するには守って欲しい」としたサポート。なお調整継続では1,858円、そして1,824円は強くかつ重要なサポート。

2月24日(6093)エスクローは昨日の寄り天から調整継続、弱含み。高値328円は、10月13日405円~1月18日281円の下落幅に対する38.2%戻しJust。今後、これを超える事で343円、357円が見えてきますが、その行き方が問題。328円以来の調整について、目先は306円、そして301円が守って欲しいサポート。

2月22日(3627)JNSは反発、昨日に602円の安値を付け、値を戻しているようです。なおこの安値は「強くかつ重要なサポート」とした599円の近似値、目先は635円が強くかつ重要なレジスタンス。上限アップで先々、658円クリティカル、先々683円が強くかつ重要なレジスタンス。この上では724円~731円が挙げられます。
反面で613円~608円は、もはや守って欲しいサポート。

2月22日(4021)日産化学は調整~揉み合い。現時点の高値6,450円は、12月2日6,670円~1月18日5,760円に76.4%戻し、強いレジスタンス。現時点の安値6,200円ですが、この下6,170円は強くかつ重要なサポートであり、守って欲しいサポート。

2月19日(4833)サクセスは調整~安値更新、241円を付けて弱含み。「目先は240円が強くかつ重要なサポート」は既述のコメント、現時点の安値はココを試した事になります。「ココをうまくすれば」の局面、正念場。241円安値現在、目先は260円が重要なレジスタンス、超えて281円~282円、291円~293円がそれぞれ強くかつ重要なレジスタンス。

2月17日(2986)LAホールディングスは続騰&高値更新、高値更新にて1,329円まで値を伸ばしています。なおこの上では、1,363円レジスタンス。反面で調整時、1,329円高値現在、目先は1,207円、1,169円、そして1,139円、1,085円~1,078円は強くかつ重要なサポート。

2月15日(6165)パンチ工業は614円を高値に調整継続。12月28日405円以来の上昇に対する調整に入る可能性に留意(既述)。目先は538円~536~534円がそれぞれ強くかつ重要なサポート。下限ブレイクで509円、そして484円を試す可能性を知り置きます。反面で首尾よく反転ならば620円、639円は強くかつ重要なレジスタンス。

2月12日(3747)インタートレードは調整&安値更新、704円の高値を付けてひとまずご苦労さん。強くかつ重要なサポートとした583円を割り込み、安値は562円。この下、543円が強くかつ重要なサポート。

2月10日(3773)AMIは935円高値を付けて、高値圏での揉み合い。なお今後、安値は875円を割り込むと862円が強くかつ重要なサポート。守る限りにおいて上値指向は担保。高値更新でで957円が強く働き得るレジスタンス、この上では963円、そして1,026円は強くかつ重要。

2月10日(4441)トビラシステムズは揉み合い、2月15日高値1,669円を狙える株価位置。首尾よく高値更新時では1,733円~1,738円が見えてきます。目先は1,561円~1,534円は守って欲しいサポートバンド。

2月9日(9069)センコーは調整、ギリギリ1,017円を守り、揉み合いですが、引き続き正念場。1,017円安値現在、目先は1,059円が強くかつ重要、超えて1,065円、そして1,076円を力強く超える事が出来れば、上値指向の復活の暗示。

2月8日(4331)T&Gニーズ高値更新で950円、この上では983円が強くかつ重要なレジスタンス。目先、このままの上昇継続には848円~821円が守って欲しいサポート。

2月5日(4433)ヒトコムは弱含み揉み合い、「2,010円割れでは、1,965円を試す可能性」としましたが安値は1,974円、正念場。
それでも先々、首尾よく高値更新では2,315円、そして先々、2,410円~2,420円、そして2,560円は強く働き得るレジスタンス。

2月4日(6580)ライトアップは高値圏での揉み合い。昨日の安値5,100円は「このままの上昇には5,100円~5,070円は守って欲しいサポート」とした価格、ひとまず良いトコロを付けた可能性。
なお高値更新時では5,860円~5,870円、5,900円~5,910円がそれぞれ強いレジスタンス。この上、6,140円~6,150円。

2月3日(7942)JSPは安値1,790円を守り、リバウンド。なおこの下ではそして1,770円は強くかつ重要なサポート。この下では1,757円、1,700円、1,654円サポート。
11月19日1,460円以来の上昇に対する調整ステージに入った可能性を念頭(既述)。
反面で1,790円安値現在、目先は1,836円、そして1,846円~1,862円は強くかつ重要なレジスタンス。高値(1,882円)更新時では、1,917円クリティカル。超えて1,921円、そして2,004円は強いレジスタンス。

2月2日(6143)ソディック安値更新、964円を付けてから反発。なお、この下では956円は強くかつ重要なサポート。
上昇トレンドは継続ですが、1月15日888円以来の上昇に対する調整ステージに入っている可能性。
964円安値現在、目先は988円、1,002円、1,015円、そして1,027円~1,044円は強くかつ重要なレジスタンスバンド。上限アップで1,104円クリティカル。超えて1,223円~1,246円は強いレジスタンス。

1月29日(6486)イーグル工業は反発、「もはや、調整完了として欲しい局面」としたは先週末のコメント、鬼のいる橋を渡り切ったか、否かを占う局面
目先は1,183円~1,184円、1,209円~1,213円はそれぞれ強くかつ重要なレジスタンス。上限アップで高値トライの可能性。
高値更新時では1,316円、そして1,347円は比較的強く働き得るレジスタンス。更なる先々、1,449円、あるいは1,530円が見えてきますが、そこまでには「行き方」があろうかと。

1月27日(7739)キヤノン電子は1,652円を安値に弱含み揉み合い。なおこの下では1,620円は強くかつ重要なサポート。1,652円安値現在、目先は1,728円を力強く(出来高を伴って)ブレイクアップする事が理想の姿、この上で1,737円、1,763円、そして1,789円、1,822円~1,827円は強くかつ重要なレジスタンス。

1月26日(3978)マクロミルは高値圏での揉み合い。目先は871円~869円が守って欲しいサポート。なお、高値(937円)更新で947円、968円はそれぞれ強くかつ重要なレジスタンス。
反面でココでスベるとチャート的には、1月5日646円以来の上昇に対する調整に入る可能性に留意を。

1月18日(3996)サインポストは高値圏で小動き、「ココをうまくすればの局面」が先週末のコメント。強くかつ重要なレジスタンスとした1,031円~1,034円で上値を抑えられる格好で1,033円高値。首尾よく上伸ならば1,109円、1,133円がレジスタンス。
目先、972円~955円が守って欲しいサポート。

1月14日(7927)ムトーは弱含、安値700円を守れるか否かが焦点としたのが昨日のコメントでしたが、686円と安値を更新したようです。この下では683円は強くかつ重要なサポート(既述)、我慢の限界と考えます、正念場

12月28日(9449)GMOは昨日の急落後、小反発。調整継続のケースでは3,230円、3,120円~3,090円がそれぞれ強くかつ重要なサポート。下限を守る限りにおいて再上昇が先々、先々、3,890円、4,060円を試す可能性を内包。
なお目先、3,255円安値現在、目先は3,350円、3,410円~3,420円、3,460円~3,470円、そして3,510円~3,520円が強くかつ重要なレジスタンス。

12月18日(8698)マネックスは「ご苦労!」的な調整ですが、チャート的にはまだ生きていると出来ます。安値は867円を守り、揉み合い。なお、今後の展開で867円を割り込むならば、この下では928円、853円、847円がそれぞれ挙げられます。
867円安値現在、1,057円、1,102円~1,110円が強くかつ重要なレジスタンス。

12月28日(7593)VTホールディングは揉み合い。鬼のいる橋を渡り切ったか否かを占う局面。412円安値現在、目先は433円、437円~438円がそれぞれ強くかつ重要なレジスタンス。

個別銘柄 やれんのか!おい!(02/25-14:07)」への5件のフィードバック

  1. 全速ターン 返信

    あけましておめでとうございます!
    (9449)、(8698)、(1433)、(5915)、(6232)
    重要監視銘柄にさせてもらいます、

    現在わたくし、(2427)アウトソーシング1300円~1500円
           (3071)ストリーム180円~220円のサーヒン
    ストリームは240円抜け狙いで当面の目標300円

    • 長浜英信 投稿者返信

      あけましておめでとうございます!
      今年もよろしくお願い致します。
      昨年末より、個別銘柄の記事も挙げるようにしました。

      (2427)は「今」、少し小難しい局面ですね。
      「目先」は1,260円~1,249円がテクニカル的なサポート。この下では1,180円が強くかつ重要。ココを割れちゃうと1,095円~1,082円と続きます。
      (3071)は目先の展開で226円~227円を上抜けますと、いよいよ高値トライが見えてきますね。
      244円を超えると251円、257円、そして274円はそれぞれテクニカル的に強く働き得るレジスタンス、ご参考までに。

  2. 全速ターン 返信

    (2427)アウトソーシング
    (3072)ストリーム
    はスイングで継続している
    (4583)カイオム、180円前後で半年間持続
    やっと噴いてくれました、この銘柄調子に乗ると
    あっという間に500円抜けにどうでしょうかよろしくお願いいたします、

    • 長浜英信 投稿者返信

      こんばんわ!

      (2427)アウトソーシングは少し遠い「先々」を見渡せば、1,667円を目指す工程にあるとは出来そうです。
      が・・・目先の展開が正念場。1260円~1,249円がテクニカル的なサポート、仮に割れて1,220円水準はクリティカルサポート。
      この価格は急反発の可能性を同居しながら、ブレイクダウンでは調整機運がより色濃くなる可能性。このケースでは1,180円が強くかつ重要なサポート。守ればヨシ、反面で力強く(出来高を伴って)割り込むと1,090円~1,080円、1,040円を試す可能性を暗示。
      その反面で1,267円安値現在、目先は1,365円~1,371円が強くかつ重要なレジスタンス、力強く超えると先々、1,430円水準へのリバウンドを暗示。

      (3071)ストリームは、目先の展開が勝負どころ。224円~226円が強くかつ重要なレジスタンスであり、1月4日の高値224円は既に「攻めたがっている」と受け取れます。
      あとはココでスベらない事が大事、首尾よく224円~226円のバンドをブレイクアップに成功すれば235円、そして244円トライのチャンスを迎えると考えます。
      高値更新時では251円~258円、274円、293円と夢は広がります。
      反面でココでスベる・・・これは月曜日、204円、そして200円をも割れる事で色濃い暗示。一旦調整を余儀なくする可能性、なおこのケースでは193円~191円、あるいは183円水準を試す可能性。それでもこの水準までは現在の上昇トレンドを担保すると考えます。

      (4583)カイオムは・・・半年間、我慢しましたか!(笑)。
      では・・・時間的なロスも損失ですから、もう、これ以上、我慢しない(笑)。
      ストップロスは202円に置いて、あとは上昇局面であれば好きなだけ我慢(笑)。
      目先は248円~252円がテクニカル的なレジスタンス、超えて270円、292円~293円~296円が先々、見えてきますね。
      我慢した甲斐がありましたね!望むらくは月曜日も買い気配~S高!・・・は、さすがにないですかぁ~(笑)。
      いや、でも、こーゆー銘柄はそーゆーのがあるんですよね!楽しみですね!

      あっ・・・「あっという間に500円抜け」とか言い出しているし・・・(笑)。
      ないわけではないでしょうが、それには今後、366円水準を力強く上抜く必要があります。
      それが示現して初めて「あっという間の夢のTonight(byサザン)」の可能性というわけですね、ハイ(笑)。

    • 長浜英信 投稿者返信

      (4583)カイオム、調子に乗ってきましたか!(笑)。
      目先、269円水準、254円水準がそれぞれ有力なサポート。
      今後、高値更新時では330円、そして既述の366円が強くかつ重要。
      ココを更なる出来高を伴いブレイクアップという事になると・・・期待通りの「あっという間の・・・」も期待ですね。
      我慢した甲斐が、ひとまずはありましたね!

      (3071)ストリームも「チャンス」を迎えていますね!
      目先、219円~217円は有力なサポート、この下では215円、下限を守る限りにおいて攻め直しの244円トライが期待し得ますね。

      (2427)アウトソーシングは、まぁまぁ、正念場ですか。

コメントを残す